地震に伴う、生き物の体調変化

北海道に住んでいます。震源地は様々ですが、微弱の地震を感じることが多くなりました。えっ、古いアパートで線路沿いだから揺れるんだろうって?勿論そういうときもあります。しかし、私は視力が落ちてから聴力が発達してきたので、それと地震の区別くらいつきます。以下は、地震に関する不可思議なエピソードです。

2005年だったと思いますが、福岡県西方沖地震が起きました。当時私は、福岡県の南部の大牟田市というところに住み、シーズー犬を飼っていました。3月の中旬、春浅く九州とはいえ風が冷たい頃でした。犬がソワソワしだして、散歩は充分させているのにしきりに外に出たがり、怖がりのくせに隣の家に駆け込みます。我が家の廊下に、血尿を残しています。…高齢のせいだ、祝日(春分の日)が過ぎたら病院に連れて行こうと思っていた頃に地震です。震度3ぐらいの体感がありましたね。その地震がやむと同時に、犬の不審な行動はやみました。

時は移り2014年 5月。なぜか北海道にいる私は、微弱の地震を多く感じるようになりました。2011年以来、日本の地震は広範囲でおき、回数が頻繁になっているように思います。北の気候に慣れていないのか、便秘がちになりました。しかし、たま~に大放出(お食事中のかた申し訳ありません)します。そんなときは決まって、地震が来ます。同居人は信じてくれませんが、体が大地の変化に反応したのだと思います。今度、具体的なデータを取っていくつもりです。

Comments are closed.